就職して少ししてから同期の男性とお付き合いする事になりました。
その男性は私より4歳年上で、私から見たらすごく大人の男性だったので、最初は上手く打ち解けることが出来ませんでした。
けれど同期だったから時間がたつうちに気楽に話が出来るようになり、同期同士でよく飲みにも行ったので、同期の関係を続けていく中で気が付けば特別な存在になっていました。
付き合うという形をとるようになってからも以前と同じ様な感じだったし、特に変化もなかったのですが、付き合っている事をみんなにはまだ話さないでおこうと言われました。
私はどちらかと言えば公認にしておきたい方だったのでどうしてかなと思い彼に聞くと、就職してまだ少ししか立っていないし、先輩や上司に浮ついていると思われたくもないので、もう少ししてから言おうという事でした。
確かに彼は営業だったので、数字が取れなかったりすると社内恋愛をしている事が影響していると思われるのも嫌だと私も思いました。
だから彼の言う通り、付き合っているという事をみんなに話をするのはもう少し先にする事にしました。
私達が付き合っている事を誰も知らないので、社内で必要以上に話をする事もなく、一緒に帰ったりもできなかったので少し淋しいなと思い不安になりましたが、週末は彼と一緒に過ごしていたのでその時だけは安心していられました。
でもまた仕事が始まると他の女性の先輩などとは楽しくおしゃべりしていたり、同期の営業をしている子と一緒に外回りに行った時にランチをしていたりする事を知るとすごく不安になりました。
そんな日々が続いている時に、同じ同期の女の子と一緒にランチをしていると、彼の話になり、その子が誰にも言わないで欲しいのだけれど、実はある男性とお付き合いしていると告白されました。
私は誰と付き合っているのか聞くと、何と出てきたのは私の彼の名前で、どうやら私と同じ時期から始まっていたようでした。
私はびっくりして最初は無言で話を聞いていたのですが、どうやら彼はその同期の女の子だけでなく、先輩の女性にも同じように言い寄っているらしく、その同期の女性は彼その先輩女性と浮気をしているのではないかと不安になり私に相談してきたのでした。
彼は私に言ったのと同じように同期の女性にも付き合っている事はまだ誰にも内緒にしておくように言っていたので、相談する人がおらず、私にだけ言って相談に乗ってもらおうと思ったと言いました。
私は頭が真っ白になってしまい、今まで私が不安になっていた時に、この人は浮気をしていたのかと思うとだんだん腹が立ってきて、同期の子にはかわいそうかも知れないけれど、私と彼の関係を伝えました。
するとその同期の子は凄く驚いていてショックを受けていましたが、私同様にだんだん腹が立ってきたらしく、その日に彼に話をすると言いました。
それからはドラマのように修羅場になり、私はすぐに別れたのですが、同期の子と先輩の女性が彼を取り合うような感じになってしまい、女同士の戦いがしばらく続きました。
私は三股をするような男性は嫌だったのですが、自分にも魅力がなかったのだと思い、それからは浮気はされないように女磨きに力を入れました。